« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

JETBOIL

寒い季節、サイクリングの必携品として「火器」がある。 昼時の温かいラーメンや汁物、ティータイムの珈琲、紅茶等なにかとお湯を沸かすのは毎度のことだ。 今回思い切ってM社から発売されている「JETBOIL」なるコンロを購入した。

 

 

左端は「esbit」 コンパクトが利点ですが燃料が固形で、沸くのに時間がかかるのが欠点。

中央は「primath」 ちょうど良い大きさだが500cc沸かすのに4,5分。 まあのんびり待てば良いのですが。

右端が今回購入した「JETBOIL」 なんと500ccの水が100秒で沸騰します。 

 R0001522_239  

 

これらを収納するときの形はこうなり

R0001520_238

「JETBOIL」の大きさが際立っています。

 

フロントバックに入れるとほとんど半分の場所をとり、頭の痛いところです。

R0001524_240

 

そこでひらめいたのが、カバンに入れない。 ボトルのごとくフレームに取り付けちゃえば・・・・ということで考え、作っちゃったのがこのようなホルダーです。 ちなみにパイプは6mmでつくりました。 円形には少々てこずりましたが、何とかものになりました。

R0001531_243

R0001530_242

R0001528_241

 

フレームに取り付けると  こうなり

R0001510_237

 

「JETBOIL]をセットすると、こんな具合です。

R0001508_236

 

これでフロントバックが有効に使えちゃいますよね。 今年最初の二重丸◎でした。

 

 

 

| | コメント (3)

R j さんのキャリア

昨年暮れ、東京MCC(港サイクリングクラブ)のRjさんからお預かりしたランドナー。 なんと関西では珍しいUEHARA製。 相当乗りこなしている風だが、今回前後のキャリア製作を依頼された。

 

いつもととりたてて変わらない仕様だが、フレームが初めてだけに気合が入る。

 

フロントはこんな具合。 オーソドックスで右側にタンケンランプをセット。

R0001512_231

 

R0001517_234

 

 

UEHARAのヘッドマークがなんだか新鮮。

 

R0001511_230

 

リアのサドルバック用は

 

こんな具合。

R0001514_232

 

いつもの分割式です。 特に前後のキャリアの高さをそろえるため、マッドガードのトップ位置ギリギリにセット。

R0001518_235

 

分割するとこんな具合です。

R0001516_233

 

前後に荷を積めば、3,4日は楽にツーリングできそうです。 楽しんでください。

おっと、その前に、ご依頼通り、キャリアと、電装系統の組み込み以外しておりませんので、あとの制動系(ブレーキ)駆動系(チェーン、変速機等)の組み込みはご自分でゆっくり楽しんでください。 そのほうが愛着も一層湧きますよね。

 

 

 

| | コメント (3)

ダンディな大人のサイクリスト達

昨年、Kmさんのお世話で「DAC9」たる集まりが誕生。 ダンディ(D)でアダルト(A)なサイクリスト(C)9人 という意味合い。 できるだけ古風ないでたちで、ゆっくりと自転車を友に非日常を楽しもう・・・というわけです。 令和4年の最初は1月10日、橿原から薬水経由で壺阪峠を越えて、明日香を周遊する45Kmあまり。 幸い風も穏やかな好天に恵まれ心地よく疲れた一日ではありました。

 

 

世話人のKmさん。 ツイード姿が板についています。

Img_0156_00001_222

 

本日はメンバーのUsさん。 なんとリアカーを引いてのお出まし。

ティータイムに 夫人が ぜんざい をふるまってくれるとか。 結構!結構!

Img_0145_221

 

 

壺阪峠にて。

Fh000006_00001_225

 

峠から降りて明日香へ。 いつもの公園でティータイム。 大きな餅を焼いて

Fh000021_218

 

ぜんざい の鍋に。 疲れた体に甘味がしみわたります。 ご馳走様でした。

Fh000022_219

 

飛鳥寺に立ち寄り、各自半鐘をついて今年の無事を祈りました。

Img_0172_223

 

最後は飛鳥の蝋梅(ロウバイ)見学。 あたり一面梅の良い香りが・・・・とはいうものの、蠟梅はクスノキ目ロウバイ科の植物。 梅はバラ目バラ科で全く別品種だそうです。

Img_0180_224

 

この次は、こぶし、そして桜と季節は移っていきます。

Kmさんはじめメンバーの皆さん、楽しい一日を有難うございました。

なお、一部写真は今年からアナログに回帰すべくFilmカメラ(Minolta TC-1)で撮影しました。

 

| | コメント (6)

新春初例会 京都 都七福神巡り

令和4年もコロナ騒動を持ち越したまま年が明けた。 NCTC京都の新春初例会は3年ぶりに「都七福神巡り」。 今年の願いは各自の周辺の安全祈願のみならず、なによりコロナの収束だ。 私も今回は各寺社で念を入れてお願いを済ませた。 さてご利益のほどはどうでしょうか?

 

午前9時、東寺に集まったのはなんと14名。 久しぶりの人数。 

P_20220109_084619_211

 

早速東寺境内の「毘沙門天」にお詣り。

P_20220109_085723_212

 

奈良街道を南へ、宇治黄檗山萬福寺「布袋尊」にお詣り。

P_20220109_101400_213

 

京都市内に引き返して、六波羅蜜寺「弁財天」へ。

P_20220109_114205_214

 

ご近所のえびす神社へ向かうが、十日えびすの前日とあって、境内は大混雑。

裏手からはいって、何とかお賽銭だけを奉納して次の行願寺 「寿老人」へ。

P_20220109_121021_215

 

寺町通りで二手に分かれて食事を済ませ、松ヶ崎妙円寺「大黒天」に参拝。

P_20220109_133309_216

 

本日最後の赤山禅院「福禄寿」で参拝をすませて、本日は解散となりました。

途中からの合流者を含め15名のメンバーの皆さん、ご苦労様でした。

お互い今年1年、怪我無く、コロナに負けず過ごしましょう。

P_20220109_140421_217

 

| | コメント (0)

フロントサイドキャリア

皆さま、明けましておめでとうございます。 健やかな新年をお迎えになりましたか? またまたコロナが勢いづいてきましたが、くれぐれもご自愛ください。

さて昨年暮れに出来上がったHb女史のフロントサイドキャリア、メッキが出来上がり完成です。

 

まずはフロントキャリア。 サイドキャリアを取り付けるダボを前方左右に溶接してあります。

R0001449_201

 

そして両サイドのキャリア。

R0001450_202

 

自転車にセットするとこうなります。

R0001470_210

 

装着するカバンは montbell 製の サイドバック。 両方で20ℓ。 4,5日は軽く旅ができそうです。

R0001457_205

 

このかばん、なかなかの優れものです。 背面上部にはワンタッチでキャリアに脱着できる仕掛けが。

ただ、ベルトが2本あり煩雑です。 1本だけ(外側)でイイと思うのですが・・・・

R0001454_204

 

そして背面下部には 外れ(振れ)防止の仕掛けが。

R0001453_203

 

このカバンに合わせて、サイドキャリアを設計。 ワンタッチ脱着が可能になりました。

まずキャリアの横バーにカバンを当てて

R0001459_206

 

下方に押し込むと 装着完了です。 脱着は上部固定装置を開くベルトを引き上げるだけです。

R0001461_207

 

特に背面下部の仕掛けはキャリアに設けたスリットにフィットして、カバンの振れを防ぎます。

R0001469_209

 

で、こんな具合に出来上がりました。 さあ、Hb女史には大いに旅を楽しんでもらいましょう。

R0001463_208

 

 

 

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »