« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

紅葉を求めて

11月21日 Kmさんの呼びかけで紅葉を求めて吉野へ。 東吉野村の国栖(くず)に集合。 車をデポして丹生川上神社中社を経て大又川をさかのぼります。 七滝八壺の先約1Kmの「魚止の滝」が本日の目的地。 今年も紅葉に癒された一日でした。

 

私は改造後初乗りのクラブモデルで参加です。

Dscf8278_163

丹生川上神社中社までは 高見川に沿って走ります。 今日の参加は「大人の正統派サイクリング」のメンバー7名。 それぞれツイードファッションで・・・・

Dscf8282_164

 

いつもながらの高見川の清流。 透き通っています。

Dscf8283_165

 

昼過ぎにお目当ての「魚止の滝」到着。 しばし散策して渓流と紅葉をたっぷり楽しみます。

Dscf8289_167

 

Dscf8288_166

 

Dscf8291_168

Dscf8299_169

Dscf8304_170

 

メンバーのKmさんとNkさん。 本日のベストショットです。

Dscf8301_00001_162

今日もお世話になりました。 無事に走ることできて感謝、感謝です。

 

| | コメント (7)

Km君のランドナー

やっとKm君のランドナーが出来上がり、今日11月20日引き渡しを無事に終了。 8月初旬から打ち合わせて、T社にフレーム発注。 パーツの取り揃え。 フレームが届いてから前後のキャリア製作。 そして部品類のアッセンブル。 この間、頭を悩ませながらたっぷりと自転車いじりの醍醐味を味わいました。

 

 

バック類を装着するとこんな姿です。

R0001426_152

輪行状態にすると

R0001417_153

 

エンド部分の変速機保護のためフレームを地面から浮かす必要があります。 市販のアルミ製は中途半端で約に立たないのは皆さま経験済みのことでしょう。 私は少しかさばりますがこんなのを作っています。 エンドにきっちりはめ込んでいるので外れません。

R0001394_157

 

通常は後ろ変速機のテンションアームが飛び出ますが

R0001403_154

こんなのをスポークで作って

R0001404_155

思わぬ事故を防ぎます。

R0001410_156

リアのキャリアはいつも通り、分割式ですからご覧の通り。

マッドガード分割も今年から始めたヒロセ式で。

R0001398_158

ブレーキはこれまた定番の倍力に。

バックサポーターもカバンの飛び跳ね防止を施し、フロントキャリアの背あてトップには、フランス型バックのゴム紐を掛けるフックを溶接済。

R0001424_160

 

リアのブレーキはノーマルの松葉型アウター受けに倍力用のアウター受けを製作してセット。 クロス滑車でブレーキを引きます。

R0001423_159

 

フロントサイドキャリアはこんな具合に出来上がりました。 クイックレリーズのレバーに干渉しない設計に少し苦労。

勿論バックはワンタッチ装着、飛び跳ね、ずれ防止の対策済です。

 

R0001427_161

と、いうわけでこれからKm君の自転車生活の相棒として、大いに旅を楽しんでもらうとこれ幸いです。

 

 

 

| | コメント (3)

秋の一日

11月21日、サイクリング日和に恵まれた秋の一日、例によってKmさんの案内で大和路を。 メンバーは大人の正統サイクリスト?を自認する9人。 ツイードスタイルで橿原運動公園から馬見丘陵を目指します。

 

写真上手なSg君。 ご覧のスタイルで瞬間をとらえます。

Dsc02115_142

 

まずは新庄町の梅乃宿酒造へ。 

Dsc02116_143

 

屋号はこの老梅に鶯がさえずる気配から先々代が名付けたそうです。 奈良ではなかなかの銘酒です。

Dsc02120_144

背丈が30Cmほどのコスモス。 一面に咲き乱れています。 珍しい光景でした。

Dsc02141_00001_145

 

本日参加のNoさん自慢のビンテージ。 ARAYA号。 ツイードにぴったりの雰囲気!

Dsc02145_146

Kmさんお得意の細道、わき道、田んぼ路を織り交ぜたエエ道。 存分に楽しみました。

Dsc02158_147

Dsc02162_148

Dsc02168_149

 

こんな場面では必ず、写真撮影と自転車談義がおきまり。 果てしなく続きます。

Dsc02174_150

 

そして最後は、古風なカフェでお茶タイム。 コーヒーフロートご馳走様でした。

Dsc02180_151

今日も一日元気に走れたことに感謝です。

明日からまたKt君のTOEIランドナー組み立てに頑張らなくては・・・

 

| | コメント (4)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »