« 令和3年 初走り | トップページ | 久しぶりのツイードラン »

ブレーキレバーの取り付け

どうやら当分外出自粛のようです。

こんなチャンスに昔からやりたかったことを、思い切って実行しました。

 

 

何の変哲もないMAFACレバーの写真です。

が、よーく見ていただいて「おや?」っと、思われたら相当な拘り屋さんです。

R0012529

もっと近くから写すと

R0012523

そうです。完全にバーテープを最後まで巻き終わってから、レバーを取り付けています。

さて普通はこんな金物を使ってハンドルに通してからボルト部分にレバーを固定します。

R0012531

こんな風に

R0012533

そして、バーテープを巻くとバンドの部分が幾分ボッテリします。

このように

R0012532

しかし、金物を使わずに直にバーにボルトで固定します(直付け)。

ギドネットレバーならこんなにすっきりします。

P_20210214_152250

ご覧の通り。

P_20210214_152439

 

どうやってハンドルバーにボルトで取り付けるかは頭の体操です。

解が判れば一度挑戦してください。 やりがいのある自転車イジリです。

 

|

« 令和3年 初走り | トップページ | 久しぶりのツイードラン »

コメント

hs4407さん
ハンドルバーの中にナットを入れる方法と、逆にボルトを入れる方法と2種類あります。
今回考えられた方法は後者に近いです。 つまり穴をあけてそこから糸をバーエンドまで通し、その先にボルトの先をくくって引っ張る、という方法です。 この場合、穴は小判型にあけておかないとボルトを引き上げられません。 それともう一つ、ボルトの周り止めを工夫すること。そのためにボルトの首を■に切っておくこと。 MAFACのセンタープルブレーキのシャフトボルトを利用すると早いです。

いずれにせよ、不要なバーで何回もトライされることが必要ですね。

投稿: kottaman | 2021年2月21日 (日) 10時21分

内側からナットを入れるわけですね。
ハンドルバーに穴を開けて、
穴からバーエンドまでブレーキワイヤーを通し、
接着剤を塗ったナットとハンドルバーパイプの内側のRに
沿うような大きめのワッシャーをワイヤーに通し、
ワイヤーにタイコをネジ止め
穴側にワイヤーを引いてナット、ワッシャーを接着剤で所定の場所に固定。
こんな感じでしょうか

投稿: hs4407 | 2021年2月19日 (金) 08時28分

hs4407さん
BLOGにご訪問ありがとうございます。
バーにブラインドナットをかしめて6mmボルトで固定・・・という手もあるかもしれませんね。 ただこの場合、バーが平面でないのでナッターでかしめたときに、キッチリ密着するかどうか心配です。
それとナットがアルミになるので、強度も心配ですね。

とにかくバーの内側の所定の場所にナットをどうやって運ぶか? これが鍵です。

投稿: kottaman | 2021年2月17日 (水) 15時08分

こんにちは。
ハンドルバーに穴を開けてブラインドナットで
バーの所定の場所にメネジを作るかな?凝ってますね

投稿: hs4407 | 2021年2月17日 (水) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和3年 初走り | トップページ | 久しぶりのツイードラン »