« トレーニング | トップページ | 令和3年 初走り »

Fy君のキャリア

昨年暮れに、輪友Fy君に製作依頼されたフロントおよびサイドキャリア、年を越えてしまいましたが何とか完成。

両サイドのカバンも装着、脱着が簡単にできるように手を入れ引き渡しました。 3,4泊のツーリングには格好の装備になるでしょう。

 

 

まずは全体像。

フォークにキャリア用ダボがついていないので、フロントキャリアの足をU字にしてホーク先端のダボにネジ止め。

さらにサイドバック用の枠をU字ステーに溶接した3か所のナットにネジ止めする方式。

荷重は枠の上辺にかかる(U字ステーにもかかりますが)ので、このパイプのみ8mmで、あとはすべて7mmパイプで仕上げてあります。

ボルト類はマッドガードの接続部分、ランプホルダー(共にM5)を除きM6の座金組み込みキャップスクリュー。

フロントキャリア四隅にベルト通し用フックを、背もたれトップにフロントバック(仏式)フタのゴムひもを掛ける

フックを溶接。 

勿論サイドバック用枠には、バックの飛び跳ね、前後ずれを防ぐ仕掛けも有りです。

そんなこんなで、今回の溶接個所はなんと62か所でした。

R0001259

 

R0001260

 

R0001264

 

バックを装着するとこんな具合です。

R0001265

R0001266

 

バックの背面。

ワンタッチでキャリアに装着できるように逆Jフックを3mm厚の鉄板に溶接してビス止め。

トラックの荷掛けようゴム帯(フック付き)を利用して固定します。

仏製のパニアバック背面についてある引きバネは、実用的にはダメなことは旅好きのサイクリストなら

よーくご存じでしょうね。 そのことを私は14年前の列島縦断の経験で骨身にしみました。

以後すべて、このゴム帯にしています。

R0001268_20210115145501

 

ゴム帯のフック部分です。

R0001270

金具の両端にD環を共締め。 既成のバックにもこれくらいは付けておいてほしいですね。

カバン職人さんは実際に、ツーリングに出ないでしょうから、解らないか・・・・。

R0001271_20210115145501

背中合わせにしてD環同士をつなぐと、手で下げられますし、

R0001273

 

肩掛けベルトをD環にかければ、2個のバックを肩にかけるのもOK。

さあ、あとはコロナの収束を待って旅に出かけるのみですゾ・・・Fy君。

R0001274

 

|

« トレーニング | トップページ | 令和3年 初走り »

コメント

UGの兄♭♭♭さん
こちらこそご無沙汰しています。 その節にはお世話さまでした。
Blog見ていただいてありがとうございます。 例の仏製パニアバック、列島縦断の際は前後4個装着して旅をしました。 が、毎日70Km50日走り、毎朝、毎夕カバンの装着、脱着を繰り返すと背面のバネが弱り、中間地点くらいから伸び切って役に立たず、大変に困った記憶があります。 バネが弱ると、少しのショックでカバンが走行中にキャリアから外れることになり、危ない目にもあいました。 これはT社で作ってもらったフックの曲げしろが浅かった(10mmほど)ことも原因ですが・・・・。
製品はそもそも上部は左右の革ベルトでキャリアに固定するようになっていますから、ショックで外れることなど想定外なのでしょうし、バネの引きしろもそれ程大きくなくてよいから、あの程度のバネを使っていると思います。 旅から帰り、直ちにフックの曲がりを深いものに交換して、金属バネをゴム帯にして安心して走れるようです。

投稿: kottaman | 2021年1月17日 (日) 14時36分

ついにキャリアとバッグ金具が完成ですね。
バネ式は荷物の加重が増えると路面振動でガタガタして走行中にバッグが外れれてしまいます。このこれくらいのゴムだと大丈夫。
素晴らしい出来栄えですね!

投稿: KIHARU | 2021年1月17日 (日) 10時52分

黎明期鑑賞会以来ごぶさたしております。つぎつぎにすばらしいキャリアの完成、感心して拝見しています。

>仏製のパニアバック背面についてある引きバネは、実用的にはダメ

のことなんですが、私はサイドバッグ、パニアバッグとも問題なく使用できており、むしろ優れた方法だと思ってきました。

あの壮大な日本縦断ツーリングの中でどんなトラブルを経験されたのか、お教えいただければ幸いです。

投稿: UGの兄♭♭♭ | 2021年1月17日 (日) 07時54分

デッドストックで手に入れたサイドバッグからフロントサイドキャリア構想が生えて?来ました。(^^)"
一番の決め手はkottamanさんの"人生最後の自転車"??がフロントサイド仕様になっていたのを拝見したからです♪♪

キャリアのみならずバッグまでカスタマイズして頂きご苦労をお掛けしました。
早くコロナが収束してこの自転車でまた旅に出れる時を楽しみにしています、その時は是非ご一緒お願いします。
有難う御座いました。

投稿: Fy | 2021年1月16日 (土) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレーニング | トップページ | 令和3年 初走り »