« 令和2年 NCTC京都初例会 | トップページ | 小春日和 »

50年以上前の自転車

大阪府在住のヴェテランサイクリストYさんの発案で、1970年以前に製作されたスポーツ車を一同に集めて観賞しようという催しが、伊賀上野のホテルの広間を借りて2月2日に開催された。 お誘いを受けて私の愛車の1台(1958年製のTOEI)を持ち込みました。

当日は近鉄「伊賀神戸」駅まで輪行を予定していたが、近隣の仲間A君が車を出してくれることになり、F君と3人で出かけ伊賀神戸駅そばの駐車場にデポ。

Dscf7553

早速伊賀上野に向け走り出す。天気は上々。 ひっそりとした田園地帯を快適に走る。

Dscf7533

時にはこんな光景にも出会います。 リアルな案山子たちのお出迎えです。

Dscf7536

小一時間でホテルに到着です。

Dscf7544

会場には30数台の古い古い自転車たちが勢揃い。

Dscf7539

Dscf7537

Dscf7540

1台1台、オーナーが講釈を述べます。皆さん熱心ですなあ。

Img_0782

私の自転車のシリアルナンバーは#431で昭和33年7月誕生です。

購入したのが19歳の時、今年で丁度60年が経ちます 。 還暦ですぅ。

最低年に1度は2,3泊のツーリングに駆り出している現役車です。

Img_0783

最近クラブのT君が手に入れた自転車、なんとシリアルナンバー#430です。

私のと1番違いの兄車ですね。しかし前オーナーが手入れを怠っていたのかご覧の通り。

Img_07851

いやいや、自転車も手入れ次第で100年走れるかも・・・。ただし人間の体の方が先にアウトですが。

大変興味深い催事ではありました。 Yさんご苦労様でした。 感謝申し上げます。

(写真:一部F君提供)

 

 

|

« 令和2年 NCTC京都初例会 | トップページ | 小春日和 »

コメント

ええーーー😱
Y
Sさんに言っておきますので、ぜひ一緒に走りましょう〜😁

投稿: chara | 2020年2月24日 (月) 20時42分

charaさん

会場に来るなら待っていましたのに!
伊賀神戸まで走ったので、少し早めに失礼しました。

長いこと併走してませんなあ。
たまには一緒に走りましょうよ。
楽しみにしてますが、あまり待たすと、自転車に乗れない
老人になりはてているかも?・・・ですよ

投稿: kottaman | 2020年2月21日 (金) 11時20分

kottaman 様 
仕事がいつもより終わらず、430を引き取りに着いたときにはもうおられずでした。
ぜひ、431とUG兄さんと一緒に走りたいですね!

投稿: chara | 2020年2月21日 (金) 11時00分

UGの兄♭♭♭さん

普通の常識では「50年も自転車がもつのかい?」 でしょうね。
今回のお声がけで、皆さんの並々ならぬ情熱を見せつけられました。
私は、偶然にも#431を乗り継いで来ましたが、実は廃品になりかけたことが2度ほどありました。 まあ、それを乗り切ったのがやはり自転車愛?だったのでしょうね。

お世話大変だったでしょうが、印象に残る画期的な催事でした。東京の大前君も「この機会を逃したらダメだ・・・・」と思って取材にやってきたそうです。どうもご苦労様でした。

次回、ご一緒に走る機会があれば、また#431を引っ張り出します。

投稿: kottaman | 2020年2月 6日 (木) 21時20分

遅れ馳せながら本年も宜しくお願い申し上げます。
これまで伊賀市って足を踏み入れた事がなく土地勘がイマイチでしたが、
毎度皆さんが集まられるこのホテル、数キロ圏内だったんですねぇ
数日ですが相前後して僕は大津から信楽を抜けて亀山まで走ってました。
https://ameblo.jp/ryushi-s/entry-12571785035.html
今年も大阪に遊びに行きたいと思っております。
その節はどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 齋藤電鉄ryu | 2020年2月 4日 (火) 19時52分

ご参加まことにありがとうございました。

フレームナンバー3桁のオールドトーエイに興味をもって調べていったところ、kottamanさんの431とNBさんの613が60年以上のワンオーナーであることがわかりました。

この2台を含めて黎明期の国産ツーリング車の集いをしてみたいと思ったのがこの会のきっかけです。

はたして集まった自転車とオーナー各位のお話の興味深かったこと。とりわけ60年間走り続けてこられたkottamanさんとトーエイのストーリーは感動的でした。

どうか今後も人車ともお元気で!

投稿: UGの兄♭♭♭ | 2020年2月 3日 (月) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和2年 NCTC京都初例会 | トップページ | 小春日和 »