« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年9月

ランドナーの集い・プレミアム

ランドナーの集い・プレミアムも早や3回目を迎えた。

旅のツールとしてランドナー限定であることはもちろんだが、参加資格は65歳以上。 少しリッチな自転車旅を目指します。

今回は9月14日から16日まで山形県の最上川流域を巡る旅です。

 

14日朝、大宮駅発7時34分発の山形新幹線つばさ123号に乗車

Dscf7338

 

米沢駅で奥羽本線に乗り換え、赤湯駅で下車。 ここから出発です。

Dscf7339

今回の参加者は、担当の栃木Ksさん、埼玉からYh、Tg、Wbの各氏、大阪から私とMtさんの6名。

70歳超5名、65歳超1名、皆立派な爺さんです。

Dscf7345

まだ少し暑いですが、空はすっかり秋。 真綿の様な雲が季節を感じさせます。

Dscf7354

昼食は長井市上伊佐沢の「獅子宿燻亭」でお蕎麦を・・・

Dscf7355

セイロ蕎麦とお餅(納豆、黒ゴマ、ずんだ豆、あずき・・)のセット。 おなか一杯です。

Dscf7360

最上川にかかる長井大橋を渡り

Dscf7366

川沿いに今夜の宿、宮宿に向けて走ります。

Dscf7377

Yhさんの後輪がバースト。応急措置で走り宮宿の自転車屋でタイヤ購入。(650x35Aでよかった!!)

Dscf7384

宮宿での宿は「大丸屋」旅館。 本日の走行は約50Km。

Dscf7388

翌朝、朝日町ワイナリーへ立ち寄り、西川町間沢へ。

Dscf7393

最上川ビューポイントで一枚。

Dscf7395

月山湖の寒河江ダムで大噴水に遭遇。100mの水柱にしばし見とれます。

Dscf7411

寒河江川沿いを東に向けて

Dscf7421

やがて間沢の「出羽屋」旅館に到着。本日の走行65Km。

Dscf7432

山菜割烹と名乗っているだけに、手の込んだ山菜料理に

Dscf7433

姿の良い鮎料理。冷酒がすすみますぅ。

Dscf7434

最終日は、最上川の航海中継地として栄えた左沢(アテラザワ)を経由して山形市へ

Dscf7437

優美な姿をとどめる最上橋を越え

Dscf7445

中山町・岡にある大庄屋:柏倉家旧宅に立ち寄り

Dscf7450

無事山形市、JR山形駅に到着。駅そばで山形ラーメンで昼食。解散としました。

本日の走行約40Km。

Dscf7454

今回のランドナーの集い・プレミアム、山形県は最上川沿いの旅満喫しました。

Ksさん素晴らしい企画とご案内有り難うございました。また来年ご一緒しましょう。

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

工房にて ちょっとした工夫

今年の夏は異常な暑さ。 こんな時に自転車で出かけて救急車・・・・・なんてことにならないために、夏休み。

工房で自転車のメンテナンスに励んでおります。 で、ちょっとした成果をアップします。

諸兄のなかには「ユニバーサル」のブレーキレバー愛用者がおられることと思います。 私も好きなレバーのひとつです。

だが、泣き所はアウター受けになるゴムキャップが材質が悪く、劣化して使い物にならなくなることです。

R0012217

ゴムキャップを外すと

 

R0012221

R0012222

 

この部分にアウターキャップをセットして

R0012223

 

エポキシパテを準備

R0012224

 

パテを練って周りに貼り付けてそれらしい形に整形します。

R0012226

 

ここで12.7mm径の熱収縮チューブ(ネットで購入)を22mmくらいに切って

R0012227

 

エポキシが乾いた頃を見計らってかぶせて、熱を当てれば出来上がり

R0012229

 

レバーにセットすればご覧の通り。 完璧です。 ゴムの質感を重視するなら、熱収縮チューブを2枚重ねるとOKです。

R0012231

 

さあ9月です!! 自転車遊び開始の時期になりました。

早速中旬から東北・山形県/最上川辺りに出かけます。

| | コメント (2)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »