« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

NCTC京都 春のツーリング 萩・長門の旅

平成最後のツーリングは山口県 萩・長門を訪ねました。

4月19日、新幹線新山口駅を御膳10時30分出発。 萩市を目指して北上します。 お昼は道の駅「みとう」で。

Dscf6893

 

午後3時にはぎし到着。 早速市内の散策を開始。 松下村塾、武家屋敷・・・長州藩のなごりを感じ取ります。

 

ズラリ並べたランドナー。 古い町並みにはピッタリです。 ちなみに本日の参加車はTOEIが6台、あとペガサス、グランボア、ユーラシア、ビゴーレが各1台  合計10台の道行きです。

 

Dscf6898

 

Dscf6901 Dscf6901

 

Dscf6915

 

Dscf6911_1

 

Dscf6913

 

Dscf6916

 

Dscf6912

 

萩での宿は「リゾートホテル美萩」。 ごちそうに美酒!! シアワセの限りです。

 

 

Dscf6919

 

翌朝は贅沢な朝食からはじまりです。

 

Dscf6921

 

海岸沿いに萩市から長門市・仙崎港へ。 まずは明治末期から昭和初期にこの地で生きた童謡詩人「金子みすず」記念館で夭逝した彼女の人生に触れます。

大漁

朝焼け小焼だ、 大漁だ 
大羽鰮(おおばいわし)の 大漁だ。

浜は祭りの ようだけど、

海のなかでは 何万の、 
鰮(いわし)のとむらい するだろう。      

 

たった五行の短い詩ですが、心を揺さぶるモノがありますねぇ。

 

Dscf6939

 

彼女の生家です。

Dscf6936

 

港の料理店「喜楽」で昼食。 朝どれイカのお膳に舌鼓。 そのあと青海島を観光船で巡り、本州最西端の険しい海岸線風景を見たかったのですが、あいにく波浪がが強く一部分の運航で残念!!

Dscf6943

 

下船後、「元の隅稲荷神宮」経由で今夜の宿、俵山温泉への行程を予定していましたが、年寄りには宿到着が遅くなりそうで断念。

若手のNm、Ktの両君のみが神社に向けて走りました。 そしてこの風景をみたのです。

Dsc01713

 

残った8人は仙崎港から長門市、湯本温泉を経由して俵山温泉「松屋旅館」に直行です。

Dscf6954

 

宿の玄関に自転車を詰め込み

 

Dscf6953

 

源泉掛け流しの温泉で疲れを癒やし、 明日も元気に走りましょう・・・と乾杯!

Dscf6952

 

3日目、俵山温泉から南下。 途中、福岡に向かうOt、Td両君と別れJR厚狭駅に昼過ぎ到着。 2泊3日のツーリングを無事に終えました。

Dscf6961

 

参加のクラブ員8名、ゲストのMt,Am君お疲れ様。 十分楽しめましたか?

参加予定だったクラブ通信担当It君、突然のアクシデントで参加出来なくなったのが残念でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

輪旅(ワタビ)クラブのスタート

世の中の自転車シーンは、右を向いても左を向いても「ロードバイク」全盛です。 そんな中で昔ながらの「ランドナー」で、ゆっくり、まったりと大人のサイクルツーリングをしませんか?

 

数年前から仲間同士でこういう話が持ち上がり、やっとこの6月に第1回のワタビクラブを開催しようと思います。

年齢性別は問いませんが、開催は平日を含みます。 ランドナーにお乗りで、旅がしたいがひとりではどうも・・・とお思いの貴方 コメント欄に興味有りとの書き込み下さい。 詳細はそれから順にお知らせします。

| | コメント (6)

京都北山・お花見ラン 残念!!

4月6日。 大阪では桜はほとんど満開。 京都北山はどうだろうか? 例年訪れる周山・魚が淵のしだれ桜を堪能すべくMt、Fy両君と

カーサイクリング。 両君の所属する夕凪CCの例会下見をも兼ねています。

いつもの通りスプリング日吉の駐車場に止めます。

 

Dscf6891 Dscf6891

 

日吉ダムの堰堤まで上り最初の休憩です。

Dscf6837

 

ダム湖の側道を走り始めると昨年の台風被害箇所に遭遇。

Dscf6842

 

世木ダムを左折して進むとまた崩落箇所が・・・

Dscf6847

 

随分日が経ちますが修復は困難な様子です。

Dscf6849

 

本日お目当ての魚が淵の桜の手前で、満開のしだれを鑑賞。 期待が持てます。

Dscf6851

が、ご覧の通り開花はまだ先の様子。 1週間先にはOKでしょう。

Dscf6855

周山を経て常照皇寺の桜を目指しますが

Dscf6869

ご覧の通り、ここも少し早かったようです。 ここも1週間先の本番には間に合うでしょう。

Dscf6877

佐々江の「出逢いの桜」、京都でもなかなか無い見事な咲きぶりで有名です。

Dscf6882

 

が、結局ここもはずれ!

Dscf6883

と言うわけで、北山の桜を満喫は出来ませんでしたが、穏やかな絶好のお天気に恵まれ快適なサイクリングの一日ではありました。

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »