« 隠岐の島へ | トップページ | サイクリスツ・ミーティング »

DAHONのキャリア製作

3年ばかり前に購入したDAHON・ALTENA
TOPEAKのキャリア付きバックを購入して使っていたが、どうもシックリしない。
バックはキャリアのレールにスライドさせるだけでセット出来て便利なのだが・・・・・

写真の通り、10mm径のアルミパイプで作られていて、3本の足が暑苦しい。おまけに黒色塗装。

Dscf3492

そこで今年3月から始めたキャリアの製作の一環として、挑戦してみた。


できばえはご覧の通り。 全体は8mm径のパイプで構成。 部分的に10mm、7mm、4mmパイプを使用。
バックをセットするレールを旧の本体から外してそのまま利用。 したがって、バックの着脱は元通りワンタッチ。
まずまず、キャリアの製作11本目にしては上出来・・・・・・・・・・だとニンマリしております。


R0000532

R0000525


R0000526


R0000528

バックの底に取り付けられているレールをキャリア側の金具に沿わせて滑らせます。

R0000529


バック前方のロック装置がキャリアのパイプにはまってロックされる仕組み。 良く出来ています。


R0000531

R0000533


|
|

« 隠岐の島へ | トップページ | サイクリスツ・ミーティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132905/72153323

この記事へのトラックバック一覧です: DAHONのキャリア製作:

« 隠岐の島へ | トップページ | サイクリスツ・ミーティング »