« 国見峠を行く | トップページ | 10年ぶりの秋田 二人旅 »

イタリアンレーサー

イタリアはミラノ近郊のモンツアにアトリエを持つ「カサーティ」の作り出すフレームは、美しいことで定評がある。
約1年前、東京在住の先輩Is氏からお預かりした CASATI レーザー75 のオーバーホールがこのほどやっと完成。 しげしげ眺めると、やはり息をのむような美しさが迫ってきて、気軽には乗って出れない雰囲気がある。

Is氏が在職中、1996年4月たまたま出張先のイタリアで、わざわざアトリエを訪ねてオーダーされた、気合のこもった代物です。 詳細はニューサイクリング誌1996年11月号(通巻389号)をご覧いただくと良いが、まさしく「こだわりの一台」に違いない。

パイプはコロンブス・ジニアス。 コンポーネンツはオールカンパ(コーラス)。 ハンドル、ステムは3T、サドルはセライタリア。 リムはFIRといった具合。 ケーブル類はオール内臓。 なんともおしゃれな1台がよみがえった。 当分はこれを脚力維持のためのトレーニング用に乗せてもらおう。

 
Dsc02967


Dsc02968

チェーンホイールは52*42*30。 フリーは13~26T 8S。 少々の登りならなんとかなりそうなのが嬉しい。

Dsc02969


シートピラー周りの繊細な作りこみは流石です。


Dsc02970

変速ケーブルが、ヘッドチューブ下部から内臓されています。 迫力満点!!


Dsc02971


トップチューブには手書きのサイン入り。


Dsc02972

ブリッジは逆V型のがっちりした作り。


Dsc02974


変速ワイヤーの出口も端正に処理されています。


Dsc02975


|
|

« 国見峠を行く | トップページ | 10年ぶりの秋田 二人旅 »

コメント

梅雨明けもせず、今夏最高の猛暑となりました。
何しろ「暑い」です!

少しご無沙汰を致しましたが、お元気にご活躍の由、
このBlogを拝読させて頂き、嬉しく思っております。

今秋は、喜寿の祝会が箕面観光ホテルにて開かれますので
今から楽しみにしている次第です。

いつの間にか、「喜寿の祝い」となりました(笑)。

お元気でご活躍ください!!
ご健闘をお祈り申し上げます。

私の方も、日々認可保育園にて勤務を続けております。

投稿: TsurumiType_mi | 2017年7月17日 (月) 09時20分

こんにちわ。
同時代のコーラス8Sのリアディレーラーを私も持っていますがロングゲージは珍しいですね。

こんな美しい自転車に乗ると楽しそうです。

投稿: KIHARU | 2017年7月 5日 (水) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132905/71000866

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアンレーサー:

« 国見峠を行く | トップページ | 10年ぶりの秋田 二人旅 »