« 7月例会 京都北山定番コース | トップページ | 吉野・トンネル三昧 »

美濃から足助へ

7月28,29日、名古屋のサイクリングクラブ「自転車で道を走ってみる会」創立35周年記念のツーリングが美濃・東白川であり、お招きをいただいたのでこれに参加。 ついでにかねてより訪ねたかった足助街道をソロで走った。

001_2_1


自宅を朝5時に出て、JR中央線中津川駅着午前9時。 TOEIデモンタブルを袋から出して早速組み立て。
001_1

「自転車で・・・・・・会」のメンバーも次々に到着。駅にずらりとランドナーが並びます。
3_large

中津川から北に、遠ケ根峠(800m)、無反峠(650m)をめざし炎天下を走ります。
16_large

午後4時、今夜の宿である東白川村の「吉村屋旅館」着。
013_1

翌日も快晴。 朝一番から越道峠(780m)をこえてカカリキ峠(880m)に至る高時山林道を走ります。
023_1

木曽川を渡ったところで、皆さんと別れ恵那市の民宿「藤太郎」で一泊。 翌朝足助を目指します。 まずは中山道「大井宿」を通過して明智鉄道に沿って南下。
031_1

明智町は「日本大正村」と銘打って、街のそこかしこに残る大正の面影をアピールしている静かな山間の街です。
042_1

043_1

標高450mの明智から180mの小渡(おど)まで14Kmにわたる快適なダウンヒル。 再び200m上ってからあとは足助川に沿って足助街道を下ります。
060_1

足助の街並はこの暑さでひっそりと静まりかえっています。
062_1

066_1

068_1

093_1

073_1

097_1

084_1

三州足助屋敷にて乾ききった喉を潤します。 こんにゃくの味噌田楽最高!
080_1

そして今夜の宿は築200年以上という古い旅籠「玉田屋旅館」
077_1
日が暮れると、一層趣がまします。
111_1

31日は足助から名鉄豊田線の梅坪駅まで20Kmあまりの行程。 途中とてもきれいな「鞍ヶ池公園」に立ち寄り
116_1

矢作川沿いに建つ豊田スタジアムの斬新なデザインを眺め
119_1

梅坪駅から輪行して、3泊4日のツーリングを終えました。
120_1

「自転車で道を走ってみる会」の皆様お世話になり有り難う。 またご一緒しましょう。

|

« 7月例会 京都北山定番コース | トップページ | 吉野・トンネル三昧 »

コメント

いまきさんちさん
猛暑のもとでしたが、楽しい2日間でした。 周到な準備の下でのツーリング安心して参加させていただきました。 大人のサイクリングは幾つになっても快適なものです。 ありがとうございました。

投稿: kottaman | 2012年8月 2日 (木) 21時01分

 kottamanさん、遠い所且つ猛暑の中の参加をありがとうございました。
35周年は大きな節目の中間として取り組み、
会の内輪で行う予定でしたが、
やはりゲストもお招きしたいという声に、
会としての一定の条件を満たし、
且つ友人として相応しい方をお誘いしました。
全体を通して至らない点も多々あったかと思いますが、
トラブルなく終えたことでご容赦頂きたく思います。
 また、お別れしてからの明智や足助方面の古い街並みも風情があったのではないでしょうか。
どちらとも紅葉の季節が格別です。
私たちも何度も通ったフィールドですから、
再訪の際は是非お声掛けください。
街を取り巻く丸秘的な路もご案内しますよ。

 この度は本当にありがとうございました。
双方のクラブメンバー共々これからもより一層親密なお付き合いをよろしくお願い致します。
自転車で道を走ってみる会 事務局 今木

投稿: いまきさんち | 2012年8月 2日 (木) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美濃から足助へ:

« 7月例会 京都北山定番コース | トップページ | 吉野・トンネル三昧 »