« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

大弛峠 2360m

8月12~14日、長年暖めていた大弛峠行きがとうとう実現した。 同行は京都のIさん、足利のKさん。 大弛峠は長野県と山梨県の県境にある峠で、東は2592mの国師ケ岳、西は2579mの朝日岳にはさまれたところに位置する。 今回のツーリングはJR小海線「清里」駅から出発、JR最高地点「野辺山」駅を経由して千曲川沿いの梓山で一泊。 翌日大弛峠目指してかなりの悪路を乗ったり押したりで4時間半、峠に古くからある「大弛小屋」にて宿泊。 翌朝午前6時から往復2時間かけて、国師ケ岳に登山。 見事な富士山の遠望を満喫して小屋に戻り、一路JR「塩山」駅まですばらしいダウンヒルを楽しみました。

野辺山近辺にて。 もうコスモスが・・・・ Conv0001
大弛峠への路。 こんな具合に乗車出来るのは1/3程度。 あとは押し歩きです。 同行のKさん。 Conv0002
大弛小屋の玄関。 もちろん水道電気は無し。 あるのは自然の光と、ランプ、それに冷たい湧き水のみ。 ああ、忘れていました。 最高のごちそうは清々しい空気です。 出来ることなら大阪に持ち帰りたい。 Conv0003
国師ケ岳頂上にて。 Kさんが傑作に挑んでます。 はるか遠くに富士山が望めます。 Conv0005
峠道は長野県側は砂利、砕石の浮いた悪路ですが、山梨県側はごらんの通り快適な下り。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夏ツアー・乗鞍ヒルクライム

’08年夏ツアーは8月2,3日クラブのSさん企画の乗鞍ヒルクライム。 といっても強者のように距離21Km、標高差1200mを2時間そこらで登るわけではありません。 雄大な景色のなか、未だ残る雪渓や高山植物を愛でながらゆっくりと登坂を楽しみました? 本当はかなりの疲労で、3時間半かかりました。 なにしろ2000mを越える辺りから空気が希薄になり、すぐに息がきれます。 この坂を1時間以内で登る鬼のようなバイカーがいるそうで、驚きです。  動画は標高2650m付近で撮影、コーナーをまがるとやがてゴールの「畳平」です。 参加メンバー5人の内4人が完走しました。 長丁場の坂道を堪能しました。 Conv0001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »