« 10月6日 指宿~佐多岬(最終日) | トップページ | 全国クラブラリーin木曽 »

10月8日 列島縦断を終えて

 5年前に思いつき3年目から計画を立て始め、玉川さんと1年前に実行を決定した列島縦断計画、今年の8月16日から10月8日をもって無事完走しました。 お互い65歳を越え本当に50日、3500Kmもの長期ツーリングが可能か確信は持てなかったが、とにかくやってみないと・・・という気持ちで始めました。
 今回は、新しい試みとしてBLOGを通じて旅の感動を仲間に伝えたい、という目標が当初からありました。 ところが予想だにしなかった延べ300近いコメント、メールを頂戴し、逆に元気づけられたことは言うまでも有りません。 改めて深く感謝いたします。 ありがとうございました。 コメントの中には、我々二人と一緒に旅をしている感動を味わっている旨の言葉をいくつも頂き、BLOGが予想以上に仲間のハートを熱くしたのを感じ、我々もまた感動しています。 また、お忙しい中、時間をやりくりして並走してくれた仲間たち、ヴィデオ撮影をしていただいた先輩、激励に駆けつけていただいた仲間の皆さんに厚くお礼を申し上げます。

 今回の旅で一番大事なことは、良きパートナーの存在でした。 当初予定の一人旅ではとてもこんな楽しい旅は出来なかったろうし、完走すら定かではありません。 旅の途中若者が一人で黙々とペダルを回しているのを何度も見かけました。 「それもいいだろう。けれど気の置けない相棒が一緒だともっと楽しいのに」 とお節介を焼きたくなりました。 改めてパートナーとして参加いただいた玉川さんに感謝します。

 多くの仲間が、自分もチャンスがあればやりたい、と気持ちを高ぶらせてくれたのが、最大の喜びです。 どうかその気持ちを途絶えさすことなく、自転車趣味を続けてください。 (岡島 記)

Conv0007

 徒労を承知で旅に出る。 満たされることだけを求める者には見えない世界が有るように思うのです。 若僧の頃には目一杯きばって、大げさに旅の意義を唱えていた。 しかし爺といわれる昨今様子が違う。 残りの人生の逆算が出来るようになると、整備された道を疾走するより、時流から取り残された昔日の面影を残した旧道をたどる方がいい。 ただゆっくり穏やかに見知らぬ峠道を走れる喜びに感謝する旅で充分です。

 手遅れになる前に行動を起こすチャンスを岡島さんからもらった気がします。 ぶつ切りでない、一気に走破する50日あまりの日本縦断の旅。 しゃにむに頑張らず楽しく淡々と目的地まで自転車を運ぶ、ツーリングを楽しむ、共通の思いで会話を楽しむ、うまい物を食す等全部やれました。

 道中、数人の伴走者が現れたり、激励会を持ってくれたり、はた又BLOGに多くの励ましの書き込みをくださった方々、皆様に感謝します。
平成19年10月6日、九州最南端佐多岬に立ち、岡島さんと強い握手をして旅の終わりを握りしめました。そして次の旅の実行を誓い合ったのです。皆さんありがとうございました。 (玉川 記)


|

« 10月6日 指宿~佐多岬(最終日) | トップページ | 全国クラブラリーin木曽 »

コメント

NKO48さん
旅の記録を読んでいただきありがとうございました。
あれからもう14年の歳月が過ぎました。 あの時の情熱が半端でなかったことに改めて驚きます。
走りながら、仲間からもらった励ましのコメントの数々を読み返すと、目頭が熱くなるのを覚えます。
やはり人生最高の遊びだったと再確認です。
その後、英国、ニュージランド、フランスと自転車旅しましたが、いずれかでもあなたとご一緒したかったですね。これから残り少ない自転車生活、貴方と一緒にジワーっと楽しみたいと思います。よろしくお付き合いください。

投稿: kottaman | 2021年8月16日 (月) 07時18分

今日 雨の盆休みに 『 J 計画 』 を読みました。
淡々とした文章にも
厳しい現実と濃い時間を読ませていただきました。

50日間 3500km 考えるだけでも気が遠くなる様な毎日。
二人で無事に完走しただけでも凄いことだと思います。
用意周到な計画と準備、頭下がりました。

これからもランドナーと共に良き人生を楽しんで下さい。

投稿: NKO48 | 2021年8月15日 (日) 19時13分

ずっと拝読させて頂いておりました。
御完走おめでとうございます。
涙がにじむほど、感動致しました。
勇気を頂きました。

淡々とペダルを踏む旅。
あっさりと綴られた文章。
お二方に人生まで教わったように感じます。
有り難うございました。

投稿: ZZ | 2007年10月17日 (水) 14時55分

先日玉川さん宅を訪れ完走のお祝いを致しました。

逞しく焼けた 顔・腕に「ああ、この人たちは本当に素晴らしい人生を送ってらっしゃるんだなぁ。」と実感致しました。
また、傍らでニコニコをされている奥様も、50日間も1人にされて淋しかったろうにと思いましたが、そんな素振りは微塵も有りません。
素晴らしいご夫婦です。

私が60歳を越えた時に、走り出せるだろうか?
妻は喜んで送り出してくれるだろうか?
共に旅する友が居るだろうか?

そして、そんな素晴らしい人生を送って居るだろうか?
まだまだ もう少し頑張らねば、と自分に喝を入れ直しました。

素晴らしいツアーでした。
まだまだ懲りずに走り出すよ。と笑顔で話される先輩が眩しく感じられました。

投稿: ふぐ | 2007年10月14日 (日) 14時18分

岡島さま

ご完走 心から心からおめでとうございます!
2~3年前に今回のご計画をお聞きしておりましたが
とうとう やってのけてしまいましたね!

先日 CADBOLLにいった時にも「今頃どの辺を走っている
のかと?」話題に上がりました。

男のロマンを感じます。

小生も岡島さまのように素敵な爺になりたいと思います。

本当におめでとうございました!!!

投稿: ウィルコム | 2007年10月12日 (金) 17時28分

学生気分の抜けない小生は、まだフルキャンピングの支度をばっちり残したまま人生を歩んでいます。だからJ計画ももちろん成功を信じていましたよ! おめでとうございました!
が…。
この計画の背後にいる、実行未満な多くの人達の存在を考えると、涙が出そうになります。僕らにもきっとできる、二番煎じだっていい、やっちゃいましょうよ、皆さん!

投稿: ビールOまえ | 2007年10月11日 (木) 21時30分

玉川様、覚えておられるでしょうか。昨年のランデヴアレックスサンジェで、最後に一緒にコーヒーを飲みに行った岡山のKです。今回の計画はくりくりさんのブログで知ったのですが、壮大なものでした。私ははじめは信じられませんでした。しかし本当に実現なさったのですね。たいへんな勇気をもらいました。
毎日走っていると日々いろいろなことがあって楽しいことばかりではないことは想像できます。しかし打ち勝って完走なされた。素晴らしいことです。今回の走行を毎日ブログで拝見しておりました。瀬戸内の方を走られるならぜひ出かけていって何かお手伝いできないかと思って南下を楽しみにしておりましたが、山陰側を走られていたので少々残念でした。
個人的にいろいろと思い悩むことが多かったのですが、さまざまな勇気と気力をいただきました。本当におめでとうございます。そして心よりお礼を申し上げます。

投稿: mtfuji | 2007年10月11日 (木) 10時00分

岡島さん 玉川さん
完走 おめでとうございます

日々感動してブログを拝見していました。
あれから 私もずぅっと“西日本の旅をしているいい気分”を
味わうことができました。ありがとうございました。

いつかまた お目にかかる日を楽しみにしています。
どうぞ お元気で!

投稿: 有斐軒 | 2007年10月10日 (水) 14時54分

お二人様
無事、完走おめでとうございます。
感動しました。
T社にも、是非顔をお見せください、楽しみに待っています。


投稿: Cobaian | 2007年10月10日 (水) 07時57分

やりましたねー!おめでとうございます。

事故等無くてなによりでした。

玉爺は関戸橋でワイン飲んでる姿しか知らなかったので、より新鮮で驚いてます。

お二人を見習って、ヲイラももっと走らなくては・・・・・

投稿: ぬうぼマン | 2007年10月 9日 (火) 18時33分

kottaman様
鳳だんじり祭に夢中になっていて、このブログをチェックするのをサボっている隙にゴールインされているではないですか!何はさておき、コングラッチュレーションです。

投稿: 酒呑童子 | 2007年10月 9日 (火) 12時25分

為せばなる為さねば成らぬ何事も---
本当に3500km日本を縦断してしまったのですね!
O・T二爺の耐久力と強烈な精神力に乾杯。
走行記録の地図を準備して、今度木曾でお会いする時にお二人にサインをして頂いて、天井からつるしてある自転車に貼り、朝晩仰ぎ見てサイクリングへと旅への憧れを再認識させていただきます。

入念な計画・準備
万全の整備・サポート体制(システム設計は誰?)
ブログの写真に見る好天の日々(サイクリングの神様の贈り物・台風による足止めは1日だけ?)
麗しいお二人のパートナーシップ

このブログ楽しめましたね、毎日もう更新された頃だと時計を見ながら開いていました。
淡々とそしてロマンティックに語られるコメントの味わい、写真付き「奥の細道」現代版ですね。
写真が素晴らしいですね。ピントや露出が正確なのはカメラの機能としても、着眼といい構図といい地平線が正確に水平を保っていることといい、脱帽です。

いずれ「旅日記・サイクリング日本縦断記」が出版されるだろうことを心待ちにしています。その時はサイン会を開いてください。


投稿: 伊藤幸雄 | 2007年10月 9日 (火) 08時04分

10月8日 AM 7:40 
小雨模様の大阪南港かもめフェリーターミナルへ、ゆっくりと志布志港からの船が接岸されました。
れれは、やや興奮気味に「おじいちゃん達はいつ降りてくるの?」とタラップの上をじっと見上げています。
しばらくして、疲れた様子のカケラも無い、二人のいつもの笑顔が視界に現れました。
J計画達成、おめでとう!!
応援してくださった皆様方、本当にありがとうございました。

投稿: たけ&れれ | 2007年10月 8日 (月) 22時09分

お二人様、そしてご家族の皆様・・大変お疲れ様でした。
とにかくご無事で何よりでした。
後半はメカトラがあまりなく?良かったというか・・
担当としてはちょっと退屈しました^m^

それにしてもなんだか50日もの旅を終え、二人とも顔つきが
ちょっと変わりましたね。気のせいかな(~_~;)

岡島さん、次回は南木曽でお会いしましょう。
土産話をたっぷりと聞かせてくださいね。

玉爺、明日ご帰還ですよね。お顔拝見に行きますよ。
週末は居ますか?みんなで遊び行っていいすか?
土曜日はご連絡いただきまして、ミーティング中で
UCC一同拍手喝采でしたよ(^_^)v

まさかのご完走、本当におめでとうございました(爆!)。

投稿: KURO | 2007年10月 8日 (月) 21時19分

日本列島縦断、完走おめでとうございます!

お二人が佐多岬でがっちりと握手しているシーンは感動的ですね。
今時、心からいいなぁと思えることが少ない日々にあって、本心で羨ましいなと思えました。
栄光の3500km・・・是非とも、次回お会いしたときには道中のお話を聞かせてください。

お疲れ様でした。

投稿: wajin | 2007年10月 8日 (月) 19時06分

お疲れ様でした♪

最終日のblogも拝見しました!!!

あたしは岡島さんとは面識がございませんが、旅を終えた感想。

自分まで熱くなり感動しました(涙)(涙)
素晴らしい旅になってよかったですね☆

玉川さん!夏にお会いしたとき、旅に行くんだとはりきっておっしゃってましたが、完走☆ですね(^^)v
旅を通じたかけがえのない経験がたくさんですね(*o≧υб*)o♪"
旅の疲れをとったらまたゼヒお話伺いたいです!

お二人ともGOAL☆おめでとうございましたぁ!

投稿: タッキー&タケ | 2007年10月 8日 (月) 19時01分

おめでとうございます。
僕もお二人と知り合いで居る事を誇りに思います。
楽しい旅のほんの一部分でもこのブログで同席させてもらいました。

投稿: くりくり | 2007年10月 8日 (月) 18時50分

おめでとうございます!

さぁ今週から「生還記念会?」・・・嫌々、完走祝賀会が沢山待ってそうですね
(^_^;)

ご無理なさらぬように。。。ゆっくり休養あれ~!

投稿: mizo122 | 2007年10月 8日 (月) 17時16分

岡島さん、玉川さん、本当にやってのけてしまわれたのですね。前々からJ計画はお聞きしてはいたものの、”大丈夫かいな”なんて不遜な考えを正直持っていたのですが。
それにしても、先に頂戴した行程と殆ど寸分違わず旅を完遂され、お二人の実行力にシャッポを脱ぎました。
またまた次の楽しい計画をお持ちの様子、ふと漏れ聞いてはおりますが、偶にはもう少し爺のサイクリストとのお付き合いも従前通り宜しくお願いしたいものです。
当面はご家族の方とゆっくりお過ごし下さい。クラブラリーでお逢いできるようでしたら、面白い話をたっぷり聞かせて頂き、皆さんにしっかりと涎を流させて下さい。

投稿: toshi | 2007年10月 8日 (月) 16時03分

なんと、監督・脚本・演出・主演のお二人による「次回作」の予告付きとは!

最後まで席を立たずにスクリーンを見つめていた甲斐がありました(笑)

十分に英気を養っていただいてのちの「製作発表」、今から楽しみです。

投稿: any | 2007年10月 8日 (月) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月8日 列島縦断を終えて:

« 10月6日 指宿~佐多岬(最終日) | トップページ | 全国クラブラリーin木曽 »